戸田恵子、未来のパティシエにエール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月31日 > 戸田恵子、未来のパティシエにエール
メニュー

戸田恵子、未来のパティシエにエール

2011年1月31日 21:31

戸田は撮影前にお菓子作りを特訓「洋菓子店コアンドル」

戸田は撮影前にお菓子作りを特訓
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の戸田恵子が1月31日、東京・新宿バルト9で行われた「洋菓子店コアンドル」の特別試写会にサプライズ登壇。同作に特別協力した辻調グループ校エコール辻東京の学生に「厳しいこともあると思うが、へこたれずに頑張ってほしい。いつか皆さんが作ったスイーツをいただける日を楽しみにしている」とエールをおくった。

恋人を追いかけて田舎から上京し、有名洋菓子店「パティスリー・コアンドル」に転がり込んだケーキ屋の娘・なつめ(蒼井優)が、伝説のパティシエ・十村(江口洋介)や常連客との交流を通じてパティシエとして、人間として成長を遂げるハートウォーミング作。この日は同校で学ぶ“パティシエの卵”数10人が招待された。

洋菓子店のオーナー・依子を演じた戸田は、撮影前にエコール辻東京で菓子作りを学んだが「お店のそろばん勘定ばかりで、学んだことはあまり生かされなかったかも(笑)」。温度調節に細心の注意が払われた現場で、スイーツとの“共演”を楽しみ「現場全体がスイーツを愛した時間。特別な愛着が沸いたし、撮影後は心して食べるようになった」と振り返った。試写会に出席した大川満氏(エコール辻東京辻製菓マスターカレッジ教授)は「戸田さんのお店で働きたくなりました」、前田浩子プロデューサーも「巧みのオーラは戸田さんならでは」とべたぼめだった。

戸田は、蒼井との初共演を「初めてという感じがしないし、役柄にもぴったり。道行く人が本当のケーキ屋だと間違えるほどのセットで、毎日、一緒に過ごしたので自然と仲良くなった。いろんな人生の話をしましたよ」と述懐し、「優ちゃん演じる女の子だけじゃあく、登場人物みんながちょっとだけ成長するストーリー」とアピールした。

洋菓子店コアンドル」は2月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi