「冷たい熱帯魚」キャスト陣、園監督のスパルタぶりを暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月29日 > 「冷たい熱帯魚」キャスト陣、園監督のスパルタぶりを暴露
メニュー

「冷たい熱帯魚」キャスト陣、園監督のスパルタぶりを暴露

2011年1月29日 14:36

海外10カ国での公開が決定「冷たい熱帯魚」

海外10カ国での公開が決定
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実在の猟奇殺人事件にインスパイアされた異色サスペンス「冷たい熱帯魚」の初日舞台挨拶が1月29日、東京・テアトル新宿で行われ、メガホンをとった園子温監督をはじめ、吹越満、でんでん、黒沢あすか神楽坂恵梶原ひかり渡辺哲ら出演陣が顔をそろえた。

小さな熱帯魚店を営む社本(吹越)が、娘の起こした万引き事件をきっかけに同業者の村田(でんでん)と知り合い、いつしか恐ろしい猟奇殺人事件に巻き込まれていく姿を凄惨なタッチで描く。昨年、ベネチア国際映画祭やトロント映画祭で上映され、すでに欧州を含む世界10カ国で公開が決定している。

吹越は、「人間というものは、本能的にバランスを取ろうとする。現場がひどければ、ひどいほど顔がニコニコしてしまって」。妻を演じる神楽坂は青アザだらけだったそうで、娘役の梶原は鼻血を流す壮絶な撮影現場を「笑ったよね」と振り返った。一方、周囲を絶望に追い込む“怪物”村田を熱演したでんでんは、開口一番「よー、みんなハッピーかい?」。そして、「悪役は気持ちよかった。何やっても許されるんじゃないかって錯覚に陥るほど。ありがとうございました」と園監督に感謝した。1月23日には61歳の誕生日を迎え、この日は妻役の黒沢から花束を受け取り、感激しきりだった。

神楽坂は、「地獄だった。『今までどんな生き方してきたんだ』って言われて、泣きました」。梶原も「監督から『こんなんじゃ、現場に連れて行けねえ』って(笑)。私も泣きました」と園監督のスパルタぶりを述懐。当の園監督は「確固たる素晴らしいキャスティング。このキャストでなければ成立しなかったし、(キャストが)決まった時点で90%勝利だった」と最大限の賛辞をおくった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi