ワインスタイン・カンパニー「英国王のスピーチ」をPG-13に再編集? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月27日 > ワインスタイン・カンパニー「英国王のスピーチ」をPG-13に再編集?
メニュー

ワインスタイン・カンパニー「英国王のスピーチ」をPG-13に再編集?

2011年1月27日 16:57

アカデミー賞最多12部門にノミネート「英国王のスピーチ」「英国王のスピーチ」

アカデミー賞最多12部門にノミネート「英国王のスピーチ」
(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「英国王のスピーチ」(2月26日日本公開)がアカデミー賞で最多12部門にノミネートされたことを受けて、同作の全米配給を手がけるワインスタイン・カンパニーが、再編集版のリリースを画策していることが明らかになった。

現在のR指定(17才以下の鑑賞は保護者の同伴が必要)から、制限のないPG-13指定(13才未満の鑑賞には保護者の注意が必要)に変更できれば、より広い観客層を取り込むことが可能となる。

同作には激しい暴力やヌードの描写はないものの、微妙な言い回しのセリフが含まれていることからレーティング審査を行う米国映画協会(MPAA)はR指定にした経緯がある。ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、同社はPG-13指定版「英国王のスピーチ」を2月中にリリースする予定だという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi