オスカー女優ヘレン・ミレン、最新作「RED」で意外な役づくり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月27日 > オスカー女優ヘレン・ミレン、最新作「RED」で意外な役づくり
メニュー

オスカー女優ヘレン・ミレン、最新作「RED」で意外な役づくり

2011年1月27日 13:03

殺しが得意な元女スパイに「RED レッド」

殺しが得意な元女スパイに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優のヘレン・ミレンが、美ぼうを武器に世界を股にかけた元女スパイを演じる「RED レッド」(ロベルト・シュベンケ監督)のインタビューで、意外な役づくりについて明かしている。

同作は、ウォーレン・エリス&カリー・ハマーの同名グラフィック・ノベルを、ブルース・ウィリスモーガン・フリーマンジョン・マルコビッチ、ミレンという豪華キャストで映画化したアクション・コメディ。内部機密を知りすぎているという理由でCIAの暗殺対象者になった元CIA工作員のフランク(ウィリス)、ジョー(フリーマン)、マービン(マルコビッチ)、ビクトリア(ミレン)の4人は、昔の仲間とチームを再結成し、CIAの巨大な陰謀に立ち向かっていく。

ミレンは、エリザベス女王を演じた「クィーン」(2007)で米アカデミー主演女優賞を獲得した英ベテラン女優。今作では、「殺しが得意なの」と機関銃をぶっ放す元スパイという前代未聞な役どころに挑んでいるが、「マーサ・スチュワートはビクトリアとは全然違うけど、彼女のとても器用な面を役づくりに取り入れたの。例えばこの髪型もそうよ」と意外な役づくりを明かした。「マーサは完ぺき主義者なの。大成功を収めた女性でありながら、とてもソフトで強じんな精神力をもっている。皮肉ったつもりはないわ、彼女の大ファンだもの」と茶目っ気たっぷりに笑った。

また、共演のウィリスを、「お世辞を言う気はまったくないけれど、彼は本当に素晴らしい人なの。世界一優しくて思いやりのある人よ。人間としても俳優としても素晴らしいわ」と大絶賛している。

RED レッド」は1月29日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi