オーソン・ウェルズ幻の監督作、ようやく公開へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月26日 > オーソン・ウェルズ幻の監督作、ようやく公開へ
メニュー

オーソン・ウェルズ幻の監督作、ようやく公開へ

2011年1月26日 11:18

金庫で眠っていた1972年のフィルムが 間もなくお披露目「市民ケーン」

金庫で眠っていた1972年のフィルムが
間もなくお披露目
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「市民ケーン」などで近代の映画製作に多大な影響を与えたオーソン・ウェルズ監督の未公開作品「ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ウィンド(原題)」が、ようやく日の目を見ることになりそうだ。

ウェルズ監督が1972年にメガホンをとった同作のフィルムは、所有権をめぐる論争などのため、これまで未編集のまま金庫の中で眠っていた。しかしこのほど、同作のプロデューサーのひとりの代理人でロサンゼルスの弁護士ケネス・サイドルが、英ザ・ガーディアン紙に「(同作の)公開についての交渉は間もなく終了する」と語った。

ウェルズ監督が脚本も執筆した同作には、米俳優デニス・ホッパーのほか、米映画監督のジョン・ヒューストン(「黄金」「アフリカの女王」)、ピーター・ボグダノビッチ(「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」)らも出演している。今後は、未編集のまま公開されるかどうかに注目が集まりそうだ。

米出身のウェルズは、監督、脚本、製作、主演の4役を務めたデビュー作「市民ケーン」(41)の巧みな構成と斬新なカメラワークで世界中の映画ファンを魅了。同作はアカデミー賞9部門にノミネートされた(脚本賞を受賞)。「第三の男」に出演するなど俳優としても活躍、70年にはその映画界への功績が称えられ、アカデミー名誉賞を受賞している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi