BIGBANGチェ・スンヒョン「戦火の中へ」撮影で失明寸前 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月26日 > BIGBANGチェ・スンヒョン「戦火の中へ」撮影で失明寸前
メニュー

BIGBANGチェ・スンヒョン「戦火の中へ」撮影で失明寸前

2011年1月26日 15:20

体中傷だらけになりながら撮影「戦火の中へ」

体中傷だらけになりながら撮影
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1950年の朝鮮戦争下、学徒兵71人の命をかけた奮闘を描く「戦火の中へ」の来日会見が1月26日、都内のホテルで行われ、主演を務めるチェ・スンヒョン(BIGBANGのT.O.P)、イ・ジェハン監督、エグゼクティブ・プロデューサーのチョン・テウォンが出席した。

韓国軍司令部が置かれた浦項女子中学校の守備を任された71人の学徒兵たちが主人公。そのなかで戦闘経験があるという理由で中隊長に任命された、気弱な青年ジャンボム(スンヒョン)は戸惑いを隠せないまま、壮絶な戦闘へと巻き込まれていく。

冒頭から激しい市街戦が描かれる同作。スンヒョンは、「リアリティを追及する監督は、爆発物がどこに置かれているか教えてくれなかった」と述懐。それだけに「本当の戦場にいるような恐怖と緊張を感じ、逃げ出したくなった」。撮影中は「気が滅入るので、鏡は見ないようにした」と振り返るほど、体中傷だらけ。爆破物の破片が目に入り、医師から「少しずれていたら失明していたかもしれない」と診断されることもあったという。

一方、ジェハン監督は「豊かな想像力と高い集中力、それに俳優としてあるべき感性を持ち合わせている」と“俳優”スンヒョンに太鼓判。チャ・スンウォンクォン・サンウら韓流スターの豪華共演に、「それぞれが役柄に合っていて、相乗効果があった」と満足げだ。これまで恋愛映画を中心にメガホンをとってきたが「私にとっては監督として成長できるターニングポイントになった」。そんな監督に対し、スンヒョンは「おかげで、今まで自分が気づかなかった表情を見ることができ、自分自身ステップアップできた」と最敬礼だった。

戦火の中へ」は2月19日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi