堺雅人、“妻”宮崎あおいに「おんぶにだっこ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月26日 > 堺雅人、“妻”宮崎あおいに「おんぶにだっこ」
メニュー

堺雅人、“妻”宮崎あおいに「おんぶにだっこ」

2011年1月26日 14:31

堺雅人も「おんぶにだっこ」の安心感「ツレがうつになりまして。」

堺雅人も「おんぶにだっこ」の安心感
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 漫画家・細川貂々(てんてん)のコミックエッセイを映画化した「ツレがうつになりまして。」に主演する宮崎あおい堺雅人が1月26日、佐々部清監督とともに撮影現場の東映東京撮影所で会見した。

同作は、細川がうつ病を患う夫と向き合って暮らした実話をベースにした同名コミックが原作。実直なサラリーマンの夫に頼りきりだった漫画家の妻が、夫のうつ病発症をきっかけに、夫婦の関係を見つめ直していく姿を描く。宮崎と堺は、NHK大河ドラマ「篤姫」以来約2年半ぶりに夫婦役を演じている。

宮崎は、「撮影を通して、うつ病に苦しんでいる方々がたくさんいることを身近に感じた。苦しんでいる方々、そして周りでサポートしている方々が見たときに『よし、やっていこう』と思えるようなとても素敵な作品になる予感がする」と手ごたえを感じていた。堺も、「うつ病とは深刻でつらい病気だけど、あくまで特別な話ではないというメッセージを込めた。いびつな部分も含めて相手を受け入れていく作業が、リアルな夫婦の形な気がする」と語った。

また堺は、宮崎との久々の夫婦役に「頼りにしているので、安心して不安になれる(笑)。相変わらずどっしりとした存在感と魅力のある女優さんで、おんぶにだっこ」と年下の妻に全幅の信頼を寄せていた。宮崎も、「良い意味で全然変わってない。(もし夫がうつ病になったら)私も貂々さんのように優しく寄り添えたらいいなと思う」と理想の夫婦像を語った。

念願の映画化にこぎ付けた佐々部監督は、「うつ病とは日本人が抱えている大きな問題のひとつ。映画を通してうつというものをもっとよく知ってもらいたいし、戦うエネルギーにしてほしい」と訴えた。

ツレがうつになりまして。」は2月上旬にクランクアップ予定で、今秋に全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi