M・ラファロがセックス中毒に 「キッズ・オールライト」脚本家が初メガホン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月25日 > M・ラファロがセックス中毒に 「キッズ・オールライト」脚本家が初メガホン
メニュー

M・ラファロがセックス中毒に 「キッズ・オールライト」脚本家が初メガホン

2011年1月25日 11:30

オスカーノミネートも有力「キッズ・オールライト」

オスカーノミネートも有力
[拡大画像]

[映画.com ニュース] レズビアンカップルとその子どもたちを描いた「キッズ・オールライト」(リサ・チョロデンコ監督/GW公開)に出演する俳優マーク・ラファロが、新作「サンクス・フォー・シェアリング(Thanks For Sharing)」で、セックス依存症の主人公を演じる可能性があることが分かった。

キッズ・オールライト」で共同脚本を務めた、スチュアート・ブルムバーグの監督デビュー作。米Playlistによれば、更生施設で暮らすセックス中毒の患者3人を中心に描くもので、ラファロはその1人を演じる方向で現在交渉中だという。

キッズ・オールライト」は先日、ゴールデングローブ賞作品賞(コメディ/ミュージカル部門)、主演女優賞(アネット・ベニング)の2部門を受賞。ラファロは同作でニューヨーク映画批評家協会賞の助演男優賞を受賞したほか、米インディペンデント・スピリット賞、米俳優組合賞にノミネートされている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi