松平健、3Dアニメ「豆富小僧」で声優初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月25日 > 松平健、3Dアニメ「豆富小僧」で声優初挑戦
メニュー

松平健、3Dアニメ「豆富小僧」で声優初挑戦

2011年1月25日 06:00

声優に初挑戦する松平健「豆富小僧」

声優に初挑戦する松平健
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松平健が、長編3Dアニメ映画「豆富小僧」で声優に初挑戦することがわかった。松平は、深田恭子演じる主人公・豆富小僧の父親で、妖怪の総大将「見越し入道」に扮する。

京極夏彦の「豆腐小僧双六道中ふりだし」(角川文庫刊)が原作。人間と妖怪がともに暮らしていた江戸時代、豆腐を持つことだけが取り得の落ちこぼれ妖怪・豆富小僧は、父・見越し入道に怒られてばかり。母のいない豆富小僧は、目付け役のダルマ(武田鉄矢)と母を探す旅に出るが、長年の敵・タヌキにだまされたあげく、見たこともない世界=現代の日本に導かれるという冒険物語だ。

松平は、「見越し入道と豆富小僧との関係を見て感じたのは、純粋な子どもの気持ちを大切にしないといけないと思いました」と語る。昨年11月に妻・松本友里さん(享年42)を失ったばかり。4歳の長男を育てているだけに、「最近は怒鳴る頑固オヤジがいなくなったように感じるのですが、ときには怒鳴ることも、親子の関係を築くという意味では大事なのかなと思いました」とコメントを寄せた。

同作の小岩井宏悦エグゼクティブ・プロデューサーは、見越し入道が豆富小僧を怒鳴るときに誰が最も怖いかを想像したとき、すぐに松平の顔が思い浮かんだという。「真剣に怒るってことは、その裏に父親としての愛情があふれているということなので、その意味でも愛情深い人柄がにじみ出ている松平さんしかいませんでした」。そして、「『ふざけるな!』と怒られるかと思ったら快諾してくださって、スタッフ一同感激です」と心中を明かしている。

銀河鉄道の夜」(1985)、「あらしのよるに」(05)の杉井ギサブローが総監督。3Dアニメ「豆富小僧」は、ゴールデンウィークに全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi