アカデミー賞審査に異変 DVDに代わってiTunesが主流に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月20日 > アカデミー賞審査に異変 DVDに代わってiTunesが主流に
メニュー

アカデミー賞審査に異変 DVDに代わってiTunesが主流に

2011年1月20日 11:27

ジェームズ・フランコ主演「127 Hours」「ブラック・スワン」

ジェームズ・フランコ主演「127 Hours」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカで映画のオンライン配信が浸透するなかで、映画賞の審査方法もさま変わりを始めている。

アカデミー賞をはじめ、各組合賞を審査する会員に対し、各映画会社は「スクリーナー」と呼ばれる審査用のDVDを配布するのが慣例となっていた。しかし今年、「127 Hours」「ブラック・スワン」「Conviction」の3作品を抱えるフォックス・サーチライトが米俳優組合(SAG)賞対策として、iTunes Store経由でSAG会員に映画配信を開始。すると、フォーカス・フィーチャーズやパラマウントなどほかの映画スタジオも追従するようになった。

アップルのiTunesを利用してスクリーナーを配信した場合、コストを削減できるのはもちろん、iPadやiPod、iPhoneなどで視聴可能なため携帯性が高い。また、再生開始から24時間で視聴できなくなるため、DVDよりも海ぞく版流出のリスクが低いというメリットがある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi