「AKB48」ライブ中継&ドキュメンタリー先行上映で劇場ジャック : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月19日 > 「AKB48」ライブ中継&ドキュメンタリー先行上映で劇場ジャック
メニュー

「AKB48」ライブ中継&ドキュメンタリー先行上映で劇場ジャック

2011年1月19日 12:57

CM、映画と活動の幅を広げる篠田麻里子「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」

CM、映画と活動の幅を広げる篠田麻里子
(C)「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「AKB48」が、1月20日から全国規模で映画館を“ジャック”することがわかった。初となるドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が、22日の公開に先駆け20、21日の2日間、全国45館で先行上映を敢行。さらに、東京・SHIBUYA-AXで行われるコンサート「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト 100 2011」(20~23日)の模様を、全国各地の劇場で同時生中継する。

昨年から開催している劇場での生中継イベント「生中継!AKB48 リクエストアワー セットリストベスト 100 2011」は、コンサートが行われる4日間連続で上映される。今回は、昨年の公開館数(24館)の3倍にあたる72館(最大80スクリーン)で生中継。鑑賞料金は各回2400円で、1月14日からチケットが発売。連日午後6時から中継が始まる予定だ。


画像2

(C)「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
[拡大画像]

また、ドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」では、メンバー15人を密着して撮影したインタビューカットが本編に盛り込まれている。人気メンバーの篠田麻里子は、初期メンバーからやや遅れて加入したこともあり、年下のメンバーに救われたという当時の気持ちに触れている。

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」は、1月22日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi