上原多香子、初主演映画「恋谷橋」で女将姿を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月19日 > 上原多香子、初主演映画「恋谷橋」で女将姿を披露
メニュー

上原多香子、初主演映画「恋谷橋」で女将姿を披露

2011年1月19日 06:31

意外にも映画初主演となる上原多香子「ドリームメーカー」

意外にも映画初主演となる上原多香子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「SPEED」の上原多香子が、「恋谷橋 La Vallee de l’amour」(後藤幸一監督)で映画初主演を果たしていることがわかった。活気が失われていく温泉街を舞台に、家族、友人、町の人々とのきずなを描く感動作。上原は、デザイナーになる夢に挫折しながらも、実家の老舗旅館を継ぎ女将となる主人公・島田朋子を演じる。

上原は、日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた「ドリームメーカー」(1999)、「夢のまにまに」(08)など映画出演の経験はあるが、主演は初めて。昨年9月には、韓国で放送が開始されたピ(Rain)主演のドラマ「逃亡者」に出演し、女優としての活動に注目が集まっている。そんな上原だが、銀幕での初の“座長”を「ものすごく大きな緊張とプレッシャーがありましたが、映画と向き合って見えてくるものや感じることを素直に表現しようと思いました」と振り返った。

同作は、777点の応募が寄せられた「第1回スーパーシナリオグランプリ」のグランプリに輝いた「雨の中の初恋 First Love in the Rain」が原作。舞台となる鳥取・三朝温泉は、ロケハンで訪れた後藤監督がほれ込んだ。上原も、「三朝という場所がこの映画においてとても重要。この土地の空気や匂い、町の雰囲気を体感することで朋子という役柄、そして映画自体がより深いものになっていったと思います」と絶賛している。


画像2

[拡大画像]

東京のデザイン事務所をリストラされ、転職先が見つかるまで故郷に戻った朋子。上原は、自らの役どころについて「自分自身も夢を追って沖縄から東京に出てきたので、朋子に共感する部分はあります」と話す。撮影は、昨年11月20日のクランクインからわずか20日間。険しい山道を登る過酷なシーンもあったそうだが、「監督は私の意見を柔軟に取り入れてくれましたし、はっきりとした演出でとても演じやすかった」と充実した様子だ。

メガホンをとった後藤監督は、上原の演技を「自然体を貫いた。喜怒哀楽の感情を、多様な引き出しから宝物でも引き出すかのような、わかりやすく、あざとい『形(パターン)の芝居』とは無縁だった」と称えている。共演陣は、水上剣星松田美由紀小倉一郎中澤裕子岩佐真悠子土屋アンナ葛山信吾石橋蓮司吉行和子松方弘樹ら。

「恋谷橋 La Vallee de l’amour」は、2011年に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi