製作費5800円のゾンビ映画「コリン」、エキストラ募集はFacebook活用 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月18日 > 製作費5800円のゾンビ映画「コリン」、エキストラ募集はFacebook活用
メニュー

製作費5800円のゾンビ映画「コリン」、エキストラ募集はFacebook活用

2011年1月18日 10:52

プライス監督はDVDの特典映像で映画製作を勉強「コリン LOVE OF THE DEAD」

プライス監督はDVDの特典映像で映画製作を勉強
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 超低予算ゾンビ映画「コリン LOVE OF THE DEAD」のマーク・プライス監督が、製作費45ポンド(約5800円)の内訳を明らかにした。

英ロンドンを舞台に、ナゾのウイルスに感染してゾンビになってしまった青年コリンが、わずかに残る記憶をたよりに、恋人ローラと暮らしたアパートへと向かう姿を描いた作品。レインダンス映画祭で最優秀マイクロ・バジェット映画賞を受賞したほか、さまざまな映画祭で賞を獲得している。

製作・監督・脚本・撮影・編集をひとりで務めたプライス監督は当初、製作費0円で完成させるつもりだったようだ。スタッフやキャストにはギャラの代わりに、持ち寄った紅茶やビスケットを振る舞っていたが、大勢のエキストラが出演するシーンで新たに購入を余儀なくされた。また、撮影でどうしても必要だった1本の“かなてこ”と、現場へ持参するのを忘れて買わざるを得なかった数本の新品ミニDVテープが、予定外の出費になったそうだ。

本作には、100人以上のゾンビエキストラが出演。プライス監督は、SNS「Facebook」などを通じて、無償で協力してくれる仲間を集めた。こうして集まった出演者たちは全員、汚れてもいい自前の衣装を着こんでロケ現場に集合し、凶暴なゾンビに変身して撮影を楽しんだという。

コリン LOVE OF THE DEAD」は3月5日から日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi