単なる悪口? 米Gグローブ賞の毒舌司会が論争の的に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月18日 > 単なる悪口? 米Gグローブ賞の毒舌司会が論争の的に
メニュー

単なる悪口? 米Gグローブ賞の毒舌司会が論争の的に

2011年1月18日 16:17

今年は毒舌が過ぎたみたい「ツーリスト」

今年は毒舌が過ぎたみたい
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ゴールデングローブ賞の司会を務めた英コメディアン、リッキー・ジャーベイスの言動が物議をかもしている。

ジャーベイスといえば、好評だった昨年に引き続きゴールデングローブ賞の司会を務めた。しかし、今年は辛辣すぎるジョークを連発したため、会場を凍りつかせることもしばしばだった。

ロバート・ダウニー・Jr.にはかつての薬物問題に触れ、ブルース・ウィリスは「アシュトン・カッチャーの父」と紹介。スカーレット・ヨハンソンには反ユダヤ的な言動で知られるメル・ギブソンのジョークを浴びせるなど、プレゼンターとして登場したセレブリティに次々と毒舌を浴びせた。さらに、同賞を主催するハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)のフィリップ・バーク会長についても「さっきトイレの世話をして、入れ歯を入れてやった」と高齢をちょう笑するジョークを浴びせる始末。挙げ句の果てには、「神に感謝します。ぼくを無神論者にしてくれたことに」と、すべての信者を敵に回すコメントをして授賞式を締めくくった。

毒舌を売りにしていることで知られているが、華やかな授賞式の司会としては、やりすぎだとの批判が集中。プレゼンターとして登場したトム・ハンクスティム・アレンに、「かつてリッキー・ジャーベイスといえば、もうすこし太って、心優しいコメディアンだった」(ハンクス)、「今は、そのどちらでもない」(アレン)と諭されるひと幕があった。なお、ジャーベイスもやりすぎたと反省したのか、授賞式後には「おそらく来年(の司会)はないだろう」とコメントしている。

ちなみに、ジャーベイスが放った他のジョークは以下の通り。

「『ツーリスト』がノミネートされた唯一の理由は、HFPA会員がジョニー・デップアンジェリーナ・ジョリーと仲良くしたいからだという噂があるが、それはとんでもないデタラメだ。それが唯一の理由じゃない。HFPA会員は賄賂を受け取っているんだ」

「『フィリップ、きみを愛してる!』は、ユアン・マクレガージム・キャリーという、異性愛者の役者2人が同性愛者を演じている。彼らはサイエントロジー信者の有名俳優たちとまったく正反対のことをしている」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi