芦田愛菜、人生初の握手会に「ちょっと恥ずかしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月17日 > 芦田愛菜、人生初の握手会に「ちょっと恥ずかしい」
メニュー

芦田愛菜、人生初の握手会に「ちょっと恥ずかしい」

2011年1月17日 06:31

ファン500人はメロメロに「M/OTHER(1999)」

ファン500人はメロメロに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 子育て応援本「愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ『なんで?』の魔法」(講談社刊)の刊行を記念し1月16日、東京・紀伊国屋書店新宿南店で子役の芦田愛菜が握手会を行い、約500人が会場に駆けつけた。

昨年、松雪泰子と共演したドラマ「Mother」で注目を浴び、「ゴースト もういちど抱きしめたい」では成仏できない少女ゴーストを演じ、第34回日本アカデミー賞の新人俳優賞を史上最年少で受賞。「うさぎドロップ」「阪急電車」など多くの出演作が待機中で、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」への出演も決まった。

芦田にとっては初の関連本となる同書は、女優としての才能を見出した所属事務所「ジョビィキッズ」の社長やマネージャー、レッスンの先生への取材をはじめ、母親の子育てエピソードも盛り込み“女優”芦田愛菜の誕生に迫る育児本。芦田本人もこの日が“人生初”の握手会となり、「ちょっと恥ずかしいけど、本屋さんに本が並んでうれしい」と満面の笑みを見せた。

今春から小学生になるが、「漢字の勉強を頑張りたいです。ランドセルはこげ茶です」とニッコリ。現在は多忙を極め、遊ぶ時間もないというが「お芝居は楽しいです。いろんな役を演じられる女優さんになりたいです」。正月は祖父母からお年玉をもらったといい「貯金箱に入れています。まだ(貯金箱の)半分くらいしか貯まってなくて、チョリンチョリンです」と6歳らしい素顔ものぞかせた。

「愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ『なんで?』の魔法」は、全国の書店で発売中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi