沖縄から来た15歳の中学生監督にCoccoがエール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月15日 > 沖縄から来た15歳の中学生監督にCoccoがエール
メニュー

沖縄から来た15歳の中学生監督にCoccoがエール

2011年1月15日 14:11

初々しい笑顔の仲村颯悟監督(右)とCocco「やぎの冒険」

初々しい笑顔の仲村颯悟監督(右)とCocco
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 沖縄で暮らす14歳の中学生・仲村颯悟が完成させた長編監督デビュー作「やぎの冒険」の公開記念舞台挨拶が1月15日、東京・池袋テアトルダイヤで行われ、仲村監督と主題歌を歌うCoccoが登壇した。

那覇に暮らす小学6年生の少年が、冬休みに母の実家・今帰仁村に帰省。そこには2匹の子ヤギ、ポチとシロが飼われていたが、ポチが食用のために殺される様子を見て大きなショックを受ける。やがて売りに出されるはずのシロが行方不明になり……。沖縄で昨年9月に公開され、4万人を動員するヒットを記録。地元でのオーディションで選ばれた子どもたちをはじめ、平良進吉田妙子ら沖縄で活躍するプロの俳優も多数出演している。

今月10日に15歳になったばかりの仲村監督は、前日まで期末試験だったそうで公開から1週間経っての待望の上京。「東京の皆さんに沖縄の文化がどう伝わったのか、ぜひ感想を聞いてみたいです」と緊張の面持ちで挨拶した。一番の苦労はヤギへの“演技指導”だったそうで、「県内で一番かわいいヤギだったんですが、頭が弱くて……。走らせるのが大変でした」と笑いを誘った。

また、仲村監督は周囲が無理だとあきらめるなか、Coccoに手紙を書き主題歌制作を直接オファー。当のCoccoは「いたいけな少年が何かを求めているなら、それに大人が応えてあげなくては」と快諾し、主題歌「やぎの散歩」を書き下ろした。「颯悟の年で、世間さまに足を止めてもらい、ちゃんと大人と向き合うという経験はなかなかない。本人は恐怖や不安もあるかもしれないが、これからも(映画製作を)続けて、進化してほしい。どんな風にグレるのか楽しみ」とエールをおくった。

仲村監督は沖縄市在住の中学生。幼いころからビデオカメラで30本近い短編を撮り続け、2009年には当時13歳にして沖縄観光ドラマコンペティションで、本作の土台となる短編「やぎの散歩」の脚本が選ばれ、自らメガホンをとった。次回作はジュゴンが登場する作品を構想しているという。

やぎの冒険[DVD] やぎの冒険[DVD] 最安価格: ¥2,538 中学生の仲村颯悟監督作品!沖縄・ヤンバル地方を舞台に、食べられるために生まれてきたやぎがはずみで逃げたことから、追いかけっこを通し食べることの意味を知ることで、少年の成長を描いていくドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi