草なぎ剛、竹内結子を漢字ひと文字で表すと「華」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月15日 > 草なぎ剛、竹内結子を漢字ひと文字で表すと「華」
メニュー

草なぎ剛、竹内結子を漢字ひと文字で表すと「華」

2011年1月15日 13:34

草なぎの印象を「心」と書いた竹内結子「心(1973)」

草なぎの印象を「心」と書いた竹内結子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「SMAP」の草なぎ剛主演作「僕と妻の1778の物語」が1月15日、全国315スクリーンで公開され、草なぎをはじめ共演の竹内結子星護監督が東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2で舞台挨拶に立った。

同作は、草なぎ主演のテレビドラマ「僕の生きる道」シリーズを映画として結実させた集大成的な作品。SF作家・眉村卓と2002年にがんで死去した悦子夫人の実話を基にした物語。夫人が発病し他界するまでの5年間にわたり「人は笑うと免疫力があがる」という医師の言葉に活力を見出し、1日1編の短編小説を毎日欠かさず妻におくり続け、1年と宣告された余命を覆した夫妻の奇跡の記録を描く。

「黄泉がえり」以来8年ぶりの共演となった2人。草なぎは、「思い出深い作品。結子ちゃんのおかげで、自分で言うのもなんだけど素晴らしいお芝居ができた」と自画自賛してみせた。そして、「今朝は起きた瞬間に『公開だあ!』と言っていた。本当にうれしいんだなあと思った」と満面の笑みをのぞかせた。

この日、主人公が作家ということに絡めた特大万年筆が用意され、テーマに沿って書初めを披露した。「互いの印象をひと文字で表すなら」という題目に、草なぎは「華」、竹内は「」とつづった。それぞれ、「大変な撮影でも、結子ちゃんが座っているだけで明るくなれる」(草なぎ)、「周囲の人の心を和ませてくれるので」(竹内)と称え合い、それを見た星監督は、「別の映画が撮りたくなってきた」と創作意欲を刺激されたようだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi