R・ディーキンス撮影監督、ASCから特別功労賞授与 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月13日 > R・ディーキンス撮影監督、ASCから特別功労賞授与
メニュー

R・ディーキンス撮影監督、ASCから特別功労賞授与

2011年1月13日 11:30

コーエン兄弟監督「トゥルー・グリット」「ブラック・スワン」

コーエン兄弟監督「トゥルー・グリット」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米撮影監督協会(ASC)に所属するカメラマンが選ぶ、米撮影監督協会賞のノミネートが発表された。

2010年の全米公開作品のなかで、最も優れた映像表現を行ったと評価された撮影監督は、マシュー・リバティーク(「ブラック・スワン」)、ウォーリー・フィスター(「インセプション」)、ダニー・コーエン(「英国王のスピーチ」)、ジェフ・クーロネンウェス(「ソーシャル・ネットワーク」)、ロジャー・ディーキンス(「トゥルー・グリット」)の5人。リバティーク、コーエン、クーロネンウェスにとっては初のノミネート、フィスターにとっては「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」に続く3度目となる。

なお、コーエン兄弟作品のほぼすべての撮影を手がけていることで知られるディーキンスにとっては、今回で実に9度目のノミネート(「ショーシャンクの空に」と「バーバー」で受賞)。これまでの功績を称えて、本年度の授賞式では特別功労賞が贈られることが発表された。

第25回米映画撮影監督協会賞の授賞式は、2月13日にハリウッドで行われる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi