台湾トップアイドル“スウィート教祖”シンディ・ワンが来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月10日 > 台湾トップアイドル“スウィート教祖”シンディ・ワンが来日
メニュー

台湾トップアイドル“スウィート教祖”シンディ・ワンが来日

2011年1月10日 18:53

スウィート教祖が来日

スウィート教祖が来日
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気台湾ドラマ「桃花タイフーン!!」のDVDボックス発売記念イベントが1月10日、東京・五反田のゆうぽうとホールで行われ、主演女優のシンディ・ワン、共演で人気グループ「飛輪海」のジローとケルビンが出席。イベントにはDVDを購入した約1500人のファンが招待された。

累計発行部数100万部を記録する藤田和子の同名コミックを、台湾の人気アイドルを起用してドラマ化。6人兄弟の末っ子で唯一の女子・田中桃花(ワン)は、兄の元同級生・岡村史朗(ジロー)に一目ぼれ。それを知った桃花の兄たちがあの手この手で、妹の恋を邪魔しようとするラブコメディ。BSジャパン、ABC朝日放送などで放送され、現在はRKB毎日放送、広島テレビなど国内7局で放映中だ。

シンディはその愛らしさから“スウィート教祖”の異名をもつ台湾のトップアイドル。この日はオーディションで選ばれた一般ファンとともに、自身のヒット曲「心電心」に乗せたダンスを披露して会場を盛り上げ「応援してくれるファンの皆さんと交流できてとてもうれしい」と感激しきり。実年齢に合わせ、桃花は高校生から大学生に設定変更されたが、「それ以外は原作に忠実に演じたつもり。桃花はとてもストレートでナイーブな一面もある」。ドラマの中では柔道に初挑戦しており、「実は小さいころにテコンドーを習っていたんです」と意外な素顔も垣間見せた。

史朗役のジローは、口べたで女の子と接するのが苦手という役どころに悪戦苦闘。「言葉数が少ないので、目や表情で感情表現しなければいけなかった。役者としていい勉強になった」と振り返った。一方、ケルビンは桃花に思いを寄せる山野岳を演じ「コミカルで積極的な役なので、常にハイテンションを保つのが大変だった」と語った。

「桃花タイフーン!!」DVDボックスI、II発売中。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi