浅利陽介、連ドラ初主演作で車椅子ラグビー挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月7日 > 浅利陽介、連ドラ初主演作で車椅子ラグビー挑戦
メニュー

浅利陽介、連ドラ初主演作で車椅子ラグビー挑戦

2011年1月7日 11:27

車椅子ラグビーを猛特訓

車椅子ラグビーを猛特訓
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・浅利陽介が1月6日、BSフジの連続ドラマ「ひとりじゃない」(1月8日より土曜20時)を都内・同局でアピールした。連ドラ初主演作で、車椅子ラグビーに挑戦。「(練習では)日本代表選手が本気でぶつかってくるんです」と笑わせた。

ドラマは、不慮の事故で四肢まひの障害を負った主人公の青年(浅利)が、さまざまな出会いを通して生きる希望を見出していく姿を描く。中でも、車椅子ラグビーとの出会いが主人公に大きな刺激を与える。

浅利は、実際の日本代表チームに交じって車椅子ラグビーを特訓。マーダー(殺人)ボールとも呼ばれる激しい障害者スポーツを体感してきた。「障害者だってぶつかっていってるんですから。ドラマを見る人にも(物事に)ぶつかっていってもらいたい」と力を込めた。

「ひとりじゃない」は、BSフジ開局10周年記念ドラマで、劇団東俳つくしんぼくらぶ社会福祉プロジェクト第2弾。家庭で孤立する主婦役に森口瑤子、心を閉ざした女子高生役に新川優愛。ほか、矢島健一モロ師岡織本順吉らが共演する。55分×全6回。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi