「24」映画化がまたも中断 トニー・スコット監督が助っ人に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月6日 > 「24」映画化がまたも中断 トニー・スコット監督が助っ人に?
メニュー

「24」映画化がまたも中断 トニー・スコット監督が助っ人に?

2011年1月6日 11:29

一進一退の映画版「24」「アメリカを売った男」

一進一退の映画版「24」
写真:Tsuni/Gamma-USA/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年、8シーズンに及んだ放送を終えた大ヒットテレビシリーズ「24」の映画化プロジェクトが、またしても暗礁に乗り上げている。

数年前に立ち上がった映画化に関しては、主演でプロデューサーのキーファー・サザーランドが何度となく意欲を語ってきたが、いまだ製作にいたっていない。しかし昨年2月には、「アメリカを売った男」「ニュースの天才」の監督・脚本家のビリー・レイが映画版の脚本家に決定。いよいよ製作に弾みがつくかと思われたが、米エンターテインメント・ウィークリー誌によれば、スタジオの20世紀フォックスがレイの脚本を気に入らず、却下したという。

テレビシリーズおよび映画版のプロデューサー、ハワード・ゴードンも「私の知る限り、プロジェクトは冬眠状態にある」と発言。しかし一方で、「アプローチを変えようという話があり、新しいアイデアについてトニー・スコットとキーファーが話し合いをすると聞いている。プロジェクトが完全に終わったわけではない」と今後に期待を寄せた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi