江口&蒼井主演「洋菓子店コアンドル」をプロのパティシエが絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月3日 > 江口&蒼井主演「洋菓子店コアンドル」をプロのパティシエが絶賛
メニュー

江口&蒼井主演「洋菓子店コアンドル」をプロのパティシエが絶賛

2011年1月3日 15:41

パティシエの心情をリアルに表現「洋菓子店コアンドル」

パティシエの心情をリアルに表現
(C)2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 江口洋介蒼井優が初共演する映画「洋菓子店コアンドル」が、2011年2月11日から公開される。

深川栄洋監督がメガホンをとる同作は、恋人を追いかけ上京した鹿児島のケーキ屋の娘・なつめ(蒼井)と、伝説のパティシエ・十村(江口)の交流を描く物語。洋菓子店「パティスリー・コアンドル」で働きはじめたなつめは、悲しい過去によりスイーツ界から身を引いた十村や、常連客との出会いを通じて、自らの生き方を見つめなおす。

パティシエは、女子小学生の“なりたい職業”ナンバーワンに挙がるあこがれの職業だが、本作では傷や苦悩を抱えながらも、ケーキで人々に幸せを与えるために自分の幸せをつかもうとする、人間らしい姿が描かれている。

作品を鑑賞したプロのパティシエ、鎧塚俊彦氏(TOSHI YOROIZUKAオーナーシェフ)は「パティシエの苦悩と喜びをうまく表現していただいています。思わず感情移入して涕泣(ていきゅう)してしまいました」と絶賛。

また、高木康政氏(ル パティシエ タカギ オーナーシェフ)は「私も20歳の修業時代にパティシエは幸せを配達していると自負し、それから24年間“幸せ配達人”と名乗って仕事をしております。この作品は、心のなかをうまく表現している映画だとおもいました」。さらに、「なつめみたいに、根性のある若者が業界に入ってきたら幸いです。また、子を持つ親として十村の気持ちに賛同させられました」と共感のコメントを寄せている。

洋菓子店コアンドル」は11年2月11日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi