菅野美穂「ジーン・ワルツ」で“禁断”の熱烈キス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月3日 > 菅野美穂「ジーン・ワルツ」で“禁断”の熱烈キス
メニュー

菅野美穂「ジーン・ワルツ」で“禁断”の熱烈キス

2011年1月3日 07:08

禁断のキスに秘められたナゾとは?「ジーン・ワルツ」

禁断のキスに秘められたナゾとは?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 海堂尊のベストセラー小説を映画化する医療ミステリー「ジーン・ワルツ」(大谷健太郎監督)で、主演・菅野美穂が披露した禁断のキスシーンの一部が公開された。

同作の主人公は、菅野扮する曾根崎理恵。帝華大学病院の産科医で顕微鏡下での人工授精のスペシャリストとして活躍するほか、非常勤として廃院寸前の小さな産婦人科医院「マリアクリニック」の院長代理を務めている。

禁断の熱烈なキスシーンの相手は、学生時代から同志としてともに学び、今や大学病院で理恵の上司となり次期教授と名高い地位を築き上げたエリート医師・清川吾郎(田辺誠一)。発端は、2人とともに学生時代を過ごし、地域医療を長年にわたり支えてきた三枝久広(大森南朋)が医療過誤として逮捕されたことにある。

大森が演じる三枝は、患者を救いたい一心で手術に臨んだものの、1万回に1度起こるかどうかという希有な合併症を事前に見抜けなかったために逮捕された。「全力をあげて救おうとした。それで逮捕されるなら、医者なんてやっていられない」。三枝の境遇に2人はひとりの医師としての思いと、医師に対する社会のむごい仕打ちのはざ間で苦悩し、互いを求め合う。しかし、これこそが理恵の仕掛けた禁断の計画の始まりだった。

理恵は、院長代理を務める「マリアクリニック」で、国内ではタブー視されている遺伝子技術を用いた代理母出産を行っていると、清川に疑惑をかけられる。「私も一緒に戦っているんです。4人の妊婦さんたちと……」と主張する理恵が抱える計画とな何なのか。理恵なりの“正義”は、一体何をもたらすのかにも大きな注目が集まる。

ジーン・ワルツ」は、2月5日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi