「インセプション」のデザイナー ノーラン監督は「マジシャンのよう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月28日 > 「インセプション」のデザイナー ノーラン監督は「マジシャンのよう」
メニュー

「インセプション」のデザイナー ノーラン監督は「マジシャンのよう」

2010年12月28日 11:24

ノーラン監督はオスカーノミネート有力「インセプション」

ノーラン監督はオスカーノミネート有力
(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「インセプション」でプロダクション・デザイナーを務めたガイ・ヘンドリックス・ディアスが、アカデミー賞監督賞の有力候補といわれる同作のクリストファー・ノーラン監督に、強力なエールをおくった。

米ロサンゼルス・タイムズ紙は、ディアスの寄稿文を掲載。「クリスには、複雑なコンセプトを本質まで絞り込める生まれつきの才能があります。非常に直観的で、マジシャンのように考えるのです」と絶賛している。

ディアスは、スティーブン・スピルバーグ監督(「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」)をはじめ、ブライアン・シンガー監督(「スーパーマン・リターンズ」)、テリー・ギリアム監督(「ブラザーズ・グリム」)ら有名監督と仕事をしてきたが、どんなに難しいショットでもVFXを極力避けようとするノーラン監督の姿勢には驚かされたという。

「彼は、ハリウッドの大半の若手監督とは違うとすぐに気づきました。役者から素晴らしい演技を引き出し、映画にリアリズムを与える最高の手段は、すべての出来事をカメラの前で起こすことだと信じているのです」

しかし、非現実的な現象をVFXに頼らずに映像に収めるのは容易なことではない。ディアスをはじめとする主要スタッフは、同作のプリプロダクション中に過去の名作を鑑賞し、かつてのフィルムメーカーがいかに問題を解決したか徹底的に研究したという。現場で壁にぶつかることもしばしばで、そんなときに解決法を提示するのはいつもノーラン監督だったそうだ。

たとえば、無重力状態でアクションを展開する廊下の場面で、セットの長さが足りないという問題にぶつかった。普通ならば増設すれば済むが、セットそのものが回転する仕掛けなので、ノーラン監督は鏡を利用することで廊下を長く見せるアイデアを思いついたのだという。「イリュージョンを生み出すことこそが大事なのだと、クリスは教えてくれました」

ちなみに、ディアスは日本のソニーでプロダクト・デザイナーをしていた経験を持ち、現在はスピルバーグ監督の最新作「Robopocalypse」を担当している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi