ウィキリークス創始者が自伝出版 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月28日 > ウィキリークス創始者が自伝出版
メニュー

ウィキリークス創始者が自伝出版

2010年12月28日 15:16

自伝は裁判費用の捻出のため

自伝は裁判費用の捻出のため
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者であるジュリアン・アサンジ氏が、自伝の執筆契約を交わした。

米アルフレッド・A・クノッフ、英キャノンゲート・ブックスなどの出版社から、150万ドル(約1億2000万円)を受け取ることになるという。アサンジ氏自身は自伝執筆に前向きではなかったようだが、スウェーデンでの性犯罪容疑で法廷闘争を繰り広げるために、背に腹は変えられなかったようだ。

英サンデー・タイムズ紙は、「この本を書きたくはないが、それしか方法がない。裁判費用にすでに20万ポンド(約2500万円)も使っており、自分を弁護し、ウィキリークスを維持する必要がある」とのコメントを掲載している。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi