笑い飯「恩返ししたい」“最後の王者”がM-1復活を約束 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月27日 > 笑い飯「恩返ししたい」“最後の王者”がM-1復活を約束
メニュー

笑い飯「恩返ししたい」“最後の王者”がM-1復活を約束

2010年12月27日 12:00

笑い飯が悲願の優勝

笑い飯が悲願の優勝
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2010」で優勝したお笑いコンビ・笑い飯が12月26日夜の生中継終了後、会場となった東京・テレビ朝日で喜びの会見。9年連続決勝進出の末、ラストチャンスで悲願を達成した2人は「『M-1』に恩返しがしたい」と声をそろえ、今年で幕を閉じた「M-1」をいつか復活させると約束した。

無名だった2002年の衝撃から9年。常に優勝候補に挙げられながらも、あと一歩届かなかった王者の座を、最後の最後でつかみとった。普段はボケまくる2人も「本当に嬉しい」と素直に喜びに浸った。

会見に同席した、大会委員長の島田紳介も「M-1」を牽引してきた笑い飯の優勝を労った。「これで(笑い飯が)劇的に売れるということはないでしょう」とジョークを交えつつ、「やっぱり優勝してもらいたかった。心からおめでとう」と笑顔がこぼれた。

「M-1」は、漫才を全国に広めるという当初の役割を果たせたとして、開催10年目の今大会をもって一旦終了した。今年は過去最多4835組が参戦。決勝で夢散った8組をはじめ、何千何万の芸人たちが「M-1」に替わる企画を待ち望む。

主催の吉本興業と放送局の朝日放送は「新たなイベントのプロジェクトに取り組む」としているが、笑い飯は自らの力で「M-1」を復活を目指す。哲夫は「来年にNGK(なんばグランド花月)で『M-1』的なライブをやりたい」、西田幸治は「『M-1』がなければ今の僕たちはいない。いつか復活させたい」と力強く話した。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi