岡田武史氏、“侍スピリッツ”で「サムライ・シネマ」をPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月22日 > 岡田武史氏、“侍スピリッツ”で「サムライ・シネマ」をPR
メニュー

岡田武史氏、“侍スピリッツ”で「サムライ・シネマ」をPR

2010年12月22日 12:49

来年は新しいサイクルが始まる予感「桜田門外ノ変」

来年は新しいサイクルが始まる予感
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2010年の秋から冬にかけて、時代劇映画を配給する5つの配給会社が共同で展開する「サムライ・シネマ」キャンペーンのイベントが12月22日、都内の劇場で行われ、サッカー日本代表前監督の岡田武史氏が応援団長として登場した。

同キャンペーンは、「十三人の刺客(2010)」(東宝)、「桜田門外ノ変」(東映)、「雷桜」(東宝)、「武士の家計簿」(アスミック・エース、松竹)、「最後の忠臣蔵」(ワーナー・ブラザース)の5作品を見た人を対象としたプレゼント企画を中心に、時代劇映画の魅力をアピールする目的で発足したキャンペーン。

今年、南アフリカで開催されたFIFAワールドカップで“侍スピリッツ”を世界に知らしめた岡田前監督が、応援団長に就任。「映画という華やかな世界は似合わない」と照れながらも、「南アフリカではバスに書かれた“サムライブルー”のおかげか、どこに行っても子どもに『サムライ!』と呼ばれた。だからプレーのなかでも侍魂を汚してはならないという、日本人独特の意識があった」と述懐。また、「武士道とは忠義。義とは読んで字のごとく『我美しく生きる』という価値観。マスコミにボロカス言われながら、オレの生き方は美しいかどうか考えていた。映画がサムライの魂を呼び戻すようなきっかけになれば」と熱く語った。

そして、今年の総括と来年の抱負として「完」と「始」の2文字の書を披露。「今年で何かひとつのサイクルが終わり、来年また新しいサイクルが始まる予感がする」とさらなる活躍に期待を寄せた。

「サムライ・シネマ」キャンペーンは、11年1月末日まで開催される。各5作品は全国で公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi