松ちゃん監督第3弾「さや侍」は時代劇 主演は素人・野見隆明 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月22日 > 松ちゃん監督第3弾「さや侍」は時代劇 主演は素人・野見隆明
メニュー

松ちゃん監督第3弾「さや侍」は時代劇 主演は素人・野見隆明

2010年12月22日 12:01

子役の熊田聖亜に演出する松本監督「さや侍」

子役の熊田聖亜に演出する松本監督
(c)2011「さや侍」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ダウンタウン」の松本人志の監督映画第3弾が、初の時代劇「さや侍」になることがわかった。「大日本人」(2007)、「しんぼる」(09)とこれまでの2作は松本が主演も兼ねたが、同作では監督業に専念する。

松本は、10月7日に関東近郊で極秘にクランクインした。主演に抜てきされたのは、東京・新宿でバーテンダーをしている53歳の野見隆明。俳優経験は皆無の素人だが、06~07年に松本が司会を務めた深夜番組「働くおっさん劇場」にレギュラー出演していた経緯もあり、今回は松本の熱烈なオファーに出演を決意した。

主人公は、侍として戦うことを拒絶し刀を捨てた野見勘十郎と、そんな父に反発する娘たえ(熊田聖亜)。無断で脱藩した罪で懸賞金がかけられているなか、2人は流浪の旅を続けていた。次第に追い詰められ捕らわれるが、捕まった先の殿さまは相当な変わり者として知られ、下された“30日の業”に成功すれば無罪放免になるという。


主演に抜てきされた野見隆明「さや侍」

主演に抜てきされた野見隆明
(c)2011「さや侍」製作委員会
[拡大画像]

松本監督は、「監督以外、撮影快調!」とコメントを寄せた。前作までと同様、松本監督のもつ独特の笑いと悲しみを同居させ、親子の戦い、きずな、葛藤(かっとう)を奇想天外な設定とオリジナリティあふれるストーリーで描き出す。

さや侍」は、2011年6月から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi