サム・ワーシントン「タイタンの戦い」の不出来を謝罪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月21日 > サム・ワーシントン「タイタンの戦い」の不出来を謝罪
メニュー

サム・ワーシントン「タイタンの戦い」の不出来を謝罪

2010年12月21日 11:31

続編は納得いくものに!「タイタンの戦い」

続編は納得いくものに!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画俳優が自らの出演作を駄作だと認めることは珍しい。しかし、「タイタンの戦い」で主役を務めたサム・ワーシントンは、米Moviefoneの取材に対し、それをやってのけた。

同作は世界で4億9000万ドルを超える大ヒットを記録し、続編製作が決定しているものの、ワーシントンは前作の仕上がりに決して満足していないと言う。「1作目では一部の人をがっかりさせる結果になってしまった。彼らの意見に僕は100%賛成だ。続編をつくる唯一の意義は、観客側がそれを望むか、あるいは、つくり手側に前作を超える自信があるからだ。脚本家や監督、そして僕自身が続編でやろうとしているのは、前作を向上させることなんだよ。ぶっちゃけていえば、僕はもっといい演技ができると信じている。インターネット上のあらゆるコメントを取り入れて、みんなが望む映画っていうものを目指す」

「タイタンの戦い2」は、2012年の公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi