“アンストッパブル大賞”ねづっち、得意のなぞかけでPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月20日 > “アンストッパブル大賞”ねづっち、得意のなぞかけでPR
メニュー

“アンストッパブル大賞”ねづっち、得意のなぞかけでPR

2010年12月20日 16:52

今年最も勢いの止まらなかった3人「アンストッパブル」

今年最も勢いの止まらなかった3人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実在の列車暴走事故を題材にしたアクション大作「アンストッパブル」のイベントが12月20日、都内で行われ、お笑いコンビ「Wコロン」のねづっち、タレントの南明奈、鳴戸部屋の稀勢の里寛関がゲストとして登場した。

同作は、「クリムゾン・タイド」「デジャヴ」「サブウェイ123/激突」とタッグを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントン主演によるアクション。ベテラン機関士のフランク(ワシントン)が初めてコンビを組むウィル(クリス・パイン)とともに、暴走する列車を止めるべく奔走する姿を描く。

タイトルにちなみ、今年最も勢いの止まらなかった3人に“アンストッパブル大賞”が授与された。即興なぞかけでブレイクしたねづっちは、「今まで使っていなかった運が一気にやってきた感じ。いまだ他人事のよう」と実感がわかない様子。南は「今年は朝ドラにも出演できたし、自分のファッションブランドをもつという夢もかなったし、新しいことをスタートできた思い出深い1年」と振り返った。稀勢の里関は、“アンストッパブル”な横綱・白鵬の連勝を63で止めた快挙で特別賞を受賞。「勝ったときは何もわからない状況だったが、日に日にすごいことをやったという気持ち」と語った。

同作を鑑賞したねづっちは「ハラハラドキドキがずっと続いて、見始めたら止まらない」とコメント。そして、「アンストッパブルとかけまして、千葉県で列車を見かけると解きます。その心は、“房総”(暴走)列車、目につきます」と得意のなぞかけでPRした。

アンストッパブル」は、11年1月7日より全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi