ゴールデングローブ賞に出席すべきか否か?アンジェリーナ・ジョリーのジレンマ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月20日 > ゴールデングローブ賞に出席すべきか否か?アンジェリーナ・ジョリーのジレンマ
メニュー

ゴールデングローブ賞に出席すべきか否か?アンジェリーナ・ジョリーのジレンマ

2010年12月20日 14:53

出るべき?それとも出ないべき?「ツーリスト」

出るべき?それとも出ないべき?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリーが「ツーリスト」(2011年3月11日日本公開)でゴールデングローブ賞主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネートされたために、ジレンマに陥っていると米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

映画賞にノミネートされれば、特別な事情がない限り授賞式に出席するのがセオリーだが、「ツーリスト」での出席が問題だというのだ。「ツーリスト」は作品賞、主演男優賞(ジョニー・デップ)、主演女優賞とコメディ/ミュージカル部門の3部門でノミネートされているものの、同作は米映画批評サイトRotten Tomatoesで21%と酷評されているばかりか、そもそもサスペンス映画のため、コメディ/ミュージカル部門でのノミネート自体に疑問の声が上がっている。

同映画賞への投票権を持つハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員が、ジョリーとブラッド・ピットの2人を授賞式に出席させるため、あえて競争率の低い同部門に投票したのではないかとの声も聞かれるほど。ハリウッドで広報を担当するひとりはこう言う。「『ロケ現場にいるから、出席できません』と言うべき。こんなにバカげた話はない」

賞レースの宣伝キャンペーン戦略を担当するひとりも同調。「彼女は出席すべきじゃありません。マスコミにこき下ろされた役で出席するなんて、恥ずかしい思いをさせられるだけです」

一方、ベテランのパブリシストとして知られるケリー・ブッシュ氏は、授賞式に欠席するとかえって大きな騒ぎとなるため、あえて出席すべきだとコメント。「堂々と出席し、自虐的に振る舞うべきだと思います」

ちなみに、共演のデップは、「アリス・イン・ワンダーランド」でもノミネートされているため、出席を断る必要はない。

ゴールデングローブ賞授賞式は来年1月16日。ジョリーが出席するかどうかに注目が集まる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi