浜ちゃん「シュレック」を最後に声優引退宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月18日 > 浜ちゃん「シュレック」を最後に声優引退宣言
メニュー

浜ちゃん「シュレック」を最後に声優引退宣言

2010年12月18日 17:08

グランドフィナーレを迎えた「シュレック フォーエバー」 初日舞台挨拶「シュレック」

グランドフィナーレを迎えた「シュレック フォーエバー」
初日舞台挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 見かけは怖いが心は優しい、緑の怪物シュレックを描く人気シリーズの最終章「シュレック フォーエバー」が12月18日、全国357スクリーンで公開。声優を務めた浜田雅功藤原紀香山寺宏一竹中直人劇団ひとりが東京・新宿ピカデリーで舞台挨拶に立った。

2001年に誕生した「シュレック」シリーズは、これまで全世界で2400億円の興行収入を記録し、「アニメシリーズ世界興行成績No.1」としてギネス認定されている。アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞した1作目「シュレック」では怪物シュレックとフィオナ姫の恋愛、2作目ではシュレックの結婚、3作目ではシュレックの家族を描いてきた。

浜田は、アフレコを振り返り「監督に何度『おまえがやってみろ!』と言いそうになったか分からない」。さらに、同シリーズ完結とともに声優業を卒業するのかについて、「そうです!」と即答し、場内を騒然とさせていた。

一方、フィオナ姫の声を担当した藤原は「こういう愛情いっぱいできずなの大切さを教えてくれる作品に携われて良かった」。すると、浜田は「僕もそれを言おうと思った」と茶々を入れ、LAプレミアでキャメロン・ディアスとレッドカーペットを練り歩いた藤原に対し、「なんであんたばっかり、そんないい思いしてんの?」と不満たらたらだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi