オリエンタルラジオ映画初主演 「津軽百年食堂」で老舗そば屋に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月18日 > オリエンタルラジオ映画初主演 「津軽百年食堂」で老舗そば屋に
メニュー

オリエンタルラジオ映画初主演 「津軽百年食堂」で老舗そば屋に

2010年12月18日 06:00

中田が老舗そば屋の初代店主に「津軽百年食堂」

中田が老舗そば屋の初代店主に
(C)2011「津軽百年食堂」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾中田敦彦が映画初主演を飾った「津軽百年食堂」が、2011年4月2日に公開されることが決定した。

作家・森沢明夫の同名小説を、ベテランの大森一樹監督が映画化。明治末期、青森・弘前に津軽そば屋「大森食堂」を開いた初代・賢治役を中田が、現在の4代目となる陽一役を藤森が演じる。

陽一は、父との確執から家業を継がずに東京で暮らしているが、故郷への反発と捨て切れぬ思いの間で揺れていた。ある日、父が交通事故で入院し、陽一は久しぶりに帰省する。東京で知り合った同郷の七海や賢治の“娘”である祖母の心に触れ、気持ちは少しずつ変化していくなかで、弘前のさくらまつりの日に小さな奇跡が起きる。

100年の歴史を持つ老舗そば屋を舞台にした今作で、堂々たる演技を見せたオリエンタルラジオの2人。藤森は、「映画の主演ですよ! ガッツポーズしかないですよ! そば職人の息子という役でそばづくりを実際にかなり練習、修行しました。本当に家族、仲間のきずなが温かく素敵だなと思います。皆さんにもそれが伝わればいいなと思います」と初の大役に興奮した様子だ。一方の中田は、「一生懸命やろうと思いました。津軽弁という言葉の違いと、時代の違いに苦戦しました。歴史の重みと、そこに重なる人々の思いを感じてほしいと思います」と真しに語っている。

伝統の味を守ろうとする陽一の父役を伊武雅刀、ヒロインの七海役を福田沙紀が演じる。JR新青森駅の開通により注目が集まる同所の美しい景色も見どころ。「津軽百年食堂」は、2011年4月2日に公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi