「悪人」旋風、日本アカデミー賞を席巻 優秀賞13部門を受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月17日 > 「悪人」旋風、日本アカデミー賞を席巻 優秀賞13部門を受賞
メニュー

「悪人」旋風、日本アカデミー賞を席巻 優秀賞13部門を受賞

2010年12月17日 17:38

司会の松たか子、最優秀主演女優賞受賞なるか「悪人」

司会の松たか子、最優秀主演女優賞受賞なるか
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本アカデミー賞協会は12月17日、第34回日本アカデミー賞の正賞15部門の各優秀賞、新人俳優賞などを都内のホテルで発表した。

2009年12月5日から10年11月27日までに劇場公開された作品が選考対象となる。優秀作品賞を受賞したのは、「悪人」「おとうと」「告白」「孤高のメス」「十三人の刺客」の5作品。なかでも「悪人」は、監督の李相日が優秀監督賞と優秀脚本賞(吉田修一と共同名義)、主演の妻夫木聡が優秀主演男優賞、ヒロインの深津絵里が優秀主演女優賞を受賞。さらに、柄本明岡田将生が優秀助演男優賞、樹木希林満島ひかりが優秀助演女優賞を受賞するなど、正賞13部門すべてにキャスト、スタッフが名を連ねた。

そんな「悪人」旋風を食い止めるべく、優秀作品賞を含む11部門を受賞した「おとうと」と「告白」が猛迫している。そのほか「十三人の刺客」が10部門、「必死剣鳥刺し」が6部門の優秀賞に輝いた。

また、新人俳優賞には、「ゴースト もういちど抱きしめたい」に出演した芦田愛菜が史上最年少の6歳で受賞。「きな子 見習い警察犬の物語」の大野百花も、9歳での戴冠となった。ほかの受賞者は、仲里依紗永山絢斗三浦翔平三浦貴大

司会を務めるのは、2年連続となる関根勤と前年に「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」で最優秀主演女優賞を受賞した松たか子。松は、今年も「告白」で優秀主演女優賞に輝いており、連覇に期待がかかる。関根は、“パートナー”を「華やかで芯があって大ファン。しかもマイクにのる声がクリアで耳に残る」と大絶賛。松は、「光栄です。当日に向けて走りこみをしなければ」と笑いを誘っていた。

第34回日本アカデミー賞授賞式は、2011年2月18日に行われる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi