ウィノナ・ライダー、メル・ギブソンの差別発言を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月17日 > ウィノナ・ライダー、メル・ギブソンの差別発言を暴露
メニュー

ウィノナ・ライダー、メル・ギブソンの差別発言を暴露

2010年12月17日 15:00

新作「ブラック・スワン」に出演

新作「ブラック・スワン」に出演
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優のウィノナ・ライダーが、米GQ誌のインタビューで、メル・ギブソンに差別発言を浴びせられていたことを暴露した。ギブソンといえば、2006年の飲酒運転での逮捕や、元恋人に対するドメスティック・バイオレンス騒動によって、ユダヤ人や黒人、女性に対して差別的発言をしたことが明らかになっている。

米映画業界では、酒にのまれた人間のジョークにすぎないとする擁護派と、映画界から追放すべきとする強硬派の真っ二つに分かれている。ライダーによれば、ギブソンは90年代の中ごろから差別発言を行っていたという。

あるパーティでライダーと顔を合わせたギブソンは、ユダヤ人のライダーを「Oven Dodgers」(「焼却炉を逃れた連中」の意)と罵倒。さらに、ライダーと一緒にいた同性愛者の友人に対しても、「とてもひどいジョーク」を浴びせたという。「そのとき反ユダヤ主義で、同性愛者嫌いなんだって分かったけれど、当時は誰も信じてくれなかったの!」と当時を振り返っている。

なお、ギブソン主演最新作「ザ・ビーバー(原題)」(ジョディ・フォスター監督)は、数回にわたる公開延期を経て、来年3月にようやく全米公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi