「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2010年の映画トップ10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月10日 > 「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2010年の映画トップ10
メニュー

「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2010年の映画トップ10

2010年12月10日 16:40

批評家に人気の「ソーシャル・ネットワーク」「ソーシャル・ネットワーク」

批評家に人気の「ソーシャル・ネットワーク」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ローリング・ストーン誌の映画評論家ピーター・トラバースが、2010年の映画トップ10を発表した。

例年、上位に選んだ作品がアカデミー賞作品賞を受賞することの多いトラバースが、今年のNo.1映画にあげたのは、デビッド・フィンチャー監督の「ソーシャル・ネットワーク」。米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞でも作品賞を含む4冠に輝いた、今年の賞レースのフロントランナーだ。以降10位まで、いずれも作品賞や俳優賞でアカデミー賞ノミネートが確実視される作品が揃っている。

ピーター・トラバースが選ぶ2010年トップ10は以下の通り。

1.「ソーシャル・ネットワーク」(デビッド・フィンチャー監督)
2.「インセプション」(クリストファー・ノーラン監督)
3.「英国王のスピーチ」(トム・フーパー監督)
4.「トゥルー・グリット」(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
5.「キッズ・オールライト」(リサ・チョロデンコ監督)
6.「127 Hours」(ダニー・ボイル監督)
7.「ブラック・スワン」(ダーレン・アロノフスキー監督)
8.「ザ・ファイター(原題)」(デビッド・O・ラッセル監督)
9.「Winter's Bone」(デブラ・グラニク監督)
10.「トイ・ストーリー3」(リー・アンクリッチ監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi