向井理、酷暑カンボジアで涙の撮了 深作監督とは熱い抱擁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月3日 > 向井理、酷暑カンボジアで涙の撮了 深作監督とは熱い抱擁
メニュー

向井理、酷暑カンボジアで涙の撮了 深作監督とは熱い抱擁

2010年12月3日 05:01

深作健太監督と熱い抱擁

深作健太監督と熱い抱擁
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 向井理の初主演映画「僕たちは世界を変えることができない。But, we wana build a school in Cambodia.」がこのほど、しゃく熱のカンボジアでクランクアップした。向井は、深作健太監督らスタッフを前に「見た方に作品を通して何かを感じてもらえたら、命を削ってつくった甲斐があります」と感無量の面持ちで涙を流した。

葉田甲太の体験記「僕たちは世界を変えることができない。」を映画化。「あなたの150万円の寄付で、カンボジアに教室が5つもある学校が建ちます!」というパンフレットに心を動かされた学生たちが、ボランティア体験や内戦の傷跡が残るカンボジアへの旅を通して、自らと社会を見つめ直す姿を描く。

向井は、ノリで始めた募金活動でカンボジアに学校を設立すべく奔走する医大生の甲太を演じた。10月17日に東京近郊でクランクインし、11月8日にカンボジアのプノンペン入り。アンコールワットで知られる町・シェムリアップでは、共演の松坂桃李柄本佑窪田正孝とともに、小学校で子どもたちとともにサッカーやシャボン玉などで遊ぶシーンを撮影した。


弾ける笑顔の子どもたちとともに

弾ける笑顔の子どもたちとともに
[拡大画像]

連日33~34度という酷暑のなか迎えた最終日、向井は深作監督の「OK!」の声とともに現地の子役を抱きかかえてニッコリ。「改めて映画の撮影は素晴らしいなと思える作品であり、個人的にも自分の人生にとって糧になるような経験がたくさんできた」と振り返った。

2007年2月にTBS系「世界ウルルン滞在記」の収録でカンボジアを訪問して以来、“大切な第2の家族の国”と公言するほど同国へ強い思い入れをもってきただけに、感無量の面持ちだ。そして、「主演ってなかなかできるものではないですし、とても恵まれた役割を与えていただいた。僕ひとりでやれることなんて何もありません。いろんな悲劇を乗り越えてきた人たちの笑顔に救われたし、改めてカンボジアが好きになりました」と声を詰まらせていた。

メガホンをとった深作監督は、「今までで一番心からやりたい企画でした。僕自身、この作品をやったことで映画人として何かがちょっとだけ変わりました」と手ごたえをつかんでいる様子だった。

「僕たちは世界を変えることができない。But, we wana build a school in Cambodia.」は、2011年秋に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi