「トロン:レガシー」監督、ヒロインが自信満々のアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月29日 > 「トロン:レガシー」監督、ヒロインが自信満々のアピール
メニュー

「トロン:レガシー」監督、ヒロインが自信満々のアピール

2010年11月29日 18:48

見どころを「物語」と強調「トロン」

見どころを「物語」と強調
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーの3D超大作「トロン:レガシー」の来日会見が11月29日、都内のホテルで行われ、メガホンをとったジョセフ・コジンスキー監督、プロデューサーのショーン・ベイリー、ヒロインを演じるオリビア・ワイルドが出席した。

1982年に世界初のデジタルCGを導入した「トロン」の3D版続編。巨大デジタル企業のCEOケビン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が失踪してから20年後、27歳に成長した息子のサム(ギャレット・ヘドランド)が父の創造した“理想の電脳世界”トロンで冒険を繰り広げる姿を描く。

製作を手がけたベイリーは、同作での“3大チャレンジ”を「アバター」よりも進化した3Dカメラの使用、ブリッジスを若返らせたデジタルアクター、劇中の発光スーツと明言。「今まで見たことがないビジュアル世界を目指し、極限まで新しいものを突き詰めた」と胸を張ると同時に、「最も重要だったのはストーリー。父と子のエモーショナルな物語で、独立型の続編として楽しめる」とアピール。初メガホンのコジンスキー監督も「最新技術も、素晴らしいストーリーと魅力的なキャラクターがなければ意味がない」と断言。製作に費やした3年間を「学ぶことがたくさんあった」と振り返った。

ワイルドは、演じた主人公サムをサポートする女戦士・クオラを「人間のもつ思いやりや無くな一面と、テクノロジーがもつ超人的な強さ。このふたつを持ち合わせたハイブリッドなキャラクター」と説明。お気に入りは戦闘シーンだといい「スタントにも挑戦したし、達成感を味わうことができた。身も心も戦士になれたわ」と満足げ。発光スーツや劇中に登場するマシン「ライトランナー」も大好きだと笑顔をのぞかせた。会見には宣伝サポーターを務める人気お笑いコンビ「オードリー」も出席した。

トロン:レガシー」は12月17日に世界同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi