芦田愛菜、“59歳差”宮本信子と「阪急電車」で初共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月29日 > 芦田愛菜、“59歳差”宮本信子と「阪急電車」で初共演
メニュー

芦田愛菜、“59歳差”宮本信子と「阪急電車」で初共演

2010年11月29日 11:09

憧れの宮本信子と共演「眉山」

憧れの宮本信子と共演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気子役の芦田愛菜が、中谷美紀の主演最新作「阪急電車」に出演することが決まった。芦田は、宮本信子扮する曲がったことが大嫌いな老婦人・時江の孫娘・亜美を演じる。

実に年齢差は59歳。6歳の芦田が演じる亜美は、かわいがるだけでなく、時には厳しい面も見せる祖母が大好きな孫娘という役どころ。兵庫在住の芦田は今回の共演を楽しみにしているという。演技を教えてもらおうとしているそうで、「大好きな阪急電車にたくさん乗れるのがすごく楽しみです。有名な役者さんたちと一緒に映画に出るのは緊張するけれど、あこがれの宮本さんと一緒に頑張ります!」と意気込んでいる。

中谷や戸田恵梨香ら主要な登場人物と密接にかかわる宮本は、「眉山」以来の映画出演となる。約4年ぶりの銀幕復帰となるが、「地元の方々に共感していただけるよう、全力投球で演じさせていただきます。かわいい愛菜ちゃんとの共演も待ちきれません」と、どこまでも自然体だ。

有川浩の人気小説を映画化する同作は、兵庫・宝塚の宝塚駅から西宮の今津駅までを結ぶ阪急今津線を舞台に、片道たった15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々を描く。

11月26日に兵庫・宝塚でクランクインし、12月下旬ごろまでオール兵庫ロケを敢行。阪急電鉄は撮影用に列車を走らせるなど全面協力を約束したほか、出資も決定した。配給元の東宝が属する阪急阪神ホールディングス約30社がバックアップするだけでなく、関西テレビと読売テレビが局の垣根を越えて共同で製作を手がけ、関西エリアが一丸となって同作を盛り上げる。

「阪急電車」は、2011年4月から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi