北米にも使徒、再び襲来!?「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」北米公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月25日 > 北米にも使徒、再び襲来!?「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」北米公開決定
メニュー

北米にも使徒、再び襲来!?「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」北米公開決定

2010年11月25日 11:30

北米でも大ヒットなるか?「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

北米でも大ヒットなるか?
(c) khara. Licensed by FUNimation Productions, Ltd.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年6月に公開され興行収入40億円を記録(09年度興収ランキング第8位)した「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が、前作「~序」に続き、2011年1月からアメリカ、カナダの北米地域で公開されることが決定した。

北米配給を行うのは、渡辺謙主演「明日の記憶」や木村拓哉主演「武士の一分」を送り出してきたELEVEN ARTSと、「ドラゴンボール」「鋼の錬金術師」ほか北米でのアニメ実績を誇るFUNimation Entertainment。前作を手掛けたこの2社に加え、さらに北米配給のアジア映画専門となる新ブランドCinema Asia Releasingも顔をそろえる布陣となる。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は、95年にテレビ放送、97年に劇場映画化され社会現象を巻き起こした「新世紀エヴァンゲリオン」を、新たな解釈で再構築した新シリーズ四部作の2作目。大災害後の世界を舞台に、巨大なヒト型決戦兵器「エヴァンゲリオン」に乗り込み、「使徒」と呼ばれるナゾの敵に挑む少年少女たちの苦闘が、濃厚な世界観と日本屈指のハイクオリティなアニメーションで描かれる。

なお、今回公開されるのは、大幅なリテイクや新作シーンが追加されたブルーレイ版「(バージョン)2.22」ではなく、劇場公開版「2.0」の見込み。09年7月より北米での一般公開がスタートした前作「~序」は、累計興収10万7797ドル(09年11月6日時点)に留まっており、ハリウッド版実写リメイクの話もその後聞こえてこない状況だけに、「~破」の北米でのブレイクに期待したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi