マーク・ウォールバーグ、かつての主演作を「駄作」とバッサリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月24日 > マーク・ウォールバーグ、かつての主演作を「駄作」とバッサリ
メニュー

マーク・ウォールバーグ、かつての主演作を「駄作」とバッサリ

2010年11月24日 11:53

もう科学教師は演じたくない「ハプニング」

もう科学教師は演じたくない
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーク・ウォールバーグが、2008年に主演した「ハプニング」(M・ナイト・シャマラン監督)を「駄作だった」と切り捨てた。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、ウォールバーグは、週末に行われた主演最新作「ザ・ファイター(原題)」の会見に出席。同作の初めての撮影現場で、共演のエイミー・アダムスとの会話の内容を聞かれ、「ランチを食べながら、これまで出演した出来の悪い映画について話したんだ。彼女が言いたがらなかったから、僕が言ったよ。どの作品か、ここでは言いたくないな……」と一度は躊躇(ちゅうちょ)した。それでも、「いいよ、わかったよ。『ハプニング』だよ。クソ!(笑)」と明かした。ウォールバーグは同作で高校の科学教師を演じており、「もう、木とか、植物とか……最悪。僕がもう科学の教師を演じたくないのがわかるだろう?(笑)」と説明した。

ザ・ファイター」でウォールバーグは、念願だったボクサー役を演じている。「スリー・キングス」のデビッド・O・ラッセル監督がメガホンをとった同作は、ボストン出身のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォード(ウォールバーグ)と、片親違いの兄ディッキー・エクランド(クリスチャン・ベール)の、波乱に満ちた半生ときずなを描く伝記映画。12月10日から全米公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi