「ゲゲゲの女房」監督、吹石一恵に1000本ノックのような演出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月20日 > 「ゲゲゲの女房」監督、吹石一恵に1000本ノックのような演出
メニュー

「ゲゲゲの女房」監督、吹石一恵に1000本ノックのような演出

2010年11月20日 13:09

「自分の子どもが成人式を迎えた気分」と笑顔の吹石一恵ら「ゲゲゲの女房」

「自分の子どもが成人式を迎えた気分」と笑顔の吹石一恵ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気漫画家・水木しげるの妻、武良布枝さんのエッセイを映画化した「ゲゲゲの女房」が11月20日、23スクリーンで封切られ、主演の吹石一恵宮藤官九郎鈴木卓爾監督が東京・新宿武蔵野館で初日舞台挨拶を行った。

布枝夫人がつづったエッセイ「ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!」を原作に、お見合いで出会って5日後に結婚した水木夫妻が、ぎこちなさと貧窮にあえぐ生活のなか、ひたすら漫画を描き続けて支え合う姿を描く。

吹石は、「自分の子どもが成人式を迎えた気分」と感慨深げ。「半分以上は(宮藤と)目も合っていないので、撮影中は常に夫の姿をじっと見たり、感じ取ろうと集中していた。布枝さんは漫画を描き続けるしげるさんの背中を見続けたそうですが、私も宮藤さんの背中を信じ続けた」と振り返った。

宮藤は、「台本に脈絡なくワハハと書いてあって戸惑ったが、実際に水木さんにお会いしたら、そういう人だった」。鈴木監督について「的確でストレート。正しいことを必ず言ってくれた」と信頼を寄せる一方で、「吹石さんにはハードに演出していましたね。それに応える吹石さんもすごかった」と暴露。当の鈴木監督は、「吹石さんには体育会系のノリで、1000本ノックのように厳しかった。つらい目にあわせたかな……」と恐縮しきり。そして、「原作と出合って2年半。ようやく今日を迎えることができた」と万感の面持ちだった。

ゲゲゲの女房[DVD] ゲゲゲの女房[DVD] 最安価格: ¥3,652 水木しげるの妻・武良布枝の貧しく厳しい時代に生きた夫婦の姿を綴った自伝エッセイを映画化!出演:吹石一恵

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi