日本代表前監督の岡田武史、母校でリーダーシップ論を熱弁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月17日 > 日本代表前監督の岡田武史、母校でリーダーシップ論を熱弁
メニュー

日本代表前監督の岡田武史、母校でリーダーシップ論を熱弁

2010年11月17日 19:01

岡ちゃんは理想のリーダー

岡ちゃんは理想のリーダー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サッカー日本代表前監督の岡田武史氏が11月17日、母校・早稲田大学(東京・新宿区)で公開講義「岡田ゼミ」を行った。スペインの2大サッカークラブ「バルセロナ」と「レアル・マドリード」を題材に独自のリーダーシップ論、マネジメント論などを解説した。

「岡田ゼミ」は2010FIFAワールドカップでサッカー日本代表をベスト16に導き、今年8月にWOWOW専属サッカー解説者に就任した岡田氏が、同局運営の「リーガ・エスパニョーラ」特設サイトで持論を展開するオリジナルコラム「岡田ノート」の特別版。会場となった大隈講堂には、同大学の3~4年生を中心に約250人が招待された。

岡田氏は現在、レアル・マドリードの監督を務めるジョゼ・モウリーニョを例に「あれだけのスター軍団がついていくのは、彼らのハートをつかんで信頼関係を築いているから」と分析した。自身の経験も踏まえ、「選手には愛情をもって接するが、こびてはダメ。『このおっさん、何するかわからんぞ』という緊張感がないと」と強調。だからこそ、求められるリーダー像は「上司として矢面に立ってあげられる存在。私もマスコミの前で選手の悪口は言ったことがない」と断言した。

就職活動を控えた学生たちには、「人生には誰しも『落ちる』瞬間があるが、それはより高く飛ぶためにしゃがむのと同じ。そこで簡単にあきらめなければ、不思議と神様は必ずごほうびをくれる。頑張れば強くなれるし、この時代を生き抜いた世代はすごい世代になるかもしれない」とエール。先日は「胃痛オブ・ザ・イヤー」を受賞し、流行語大賞では「岡ちゃん、ごめんね」が候補に挙がるなど、さまざまな苦難を乗り越えた岡田氏の言葉に、聴衆は熱心に耳を傾けていた。

クラシコ第13節「バルセロナ対レアル・マドリード」は11月30日午前4時45分からWOWOWで放送。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi