ファンモン、新曲は瀬戸康史主演「ランウェイ☆ビート」主題歌 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月16日 > ファンモン、新曲は瀬戸康史主演「ランウェイ☆ビート」主題歌
メニュー

ファンモン、新曲は瀬戸康史主演「ランウェイ☆ビート」主題歌

2010年11月16日 09:00

念願の初対面に瀬戸康史(左)も満面の笑み「ランウェイ☆ビート」

念願の初対面に瀬戸康史(左)も満面の笑み
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気グループ「ファンキーモンキーベイビーズ」が、瀬戸康史の主演映画「ランウェイ☆ビート」の主題歌を手がけることになった。15枚目となる新曲は、映画と同名タイトル「ランウェイ☆ビート」に決定した。

“ファンモン”は、新曲を発表するたびに楽曲のイメージに合う有名人を選び、ジャケットの顔写真とプロモーションビデオに起用することで知られている。8月4日にリリースした「あとひとつ」には、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手を選出。映画の主題歌は、林遣都北乃きいが主演の「ラブファイト」に「希望の唄」を提供して以来、約2年半ぶり3度目となる。

ランウェイ☆ビート」に主演の瀬戸はこのほど、ファンモンの計らいで完成したての新曲を聞くために所属レコード会社に招待された。同グループの大ファンだという瀬戸にとっては、初体面が実現。実際に聞いてみて、「すごく物語と合っていたし、生きていて不安や悩みなどいろいろとあるけれど、乗り越えていこうと応援する感じで、背中を押してくれる曲」とうれしさを隠し切れない様子だ。

一方、同グループのリーダーであるファンキー加藤は、「映画や原作にあった“少しの勇気で自分は変わるし、自分が変われば世界も変わる”というフレーズが印象的で頭と心のなかに残った」と述懐。そして、「そのフレーズから楽曲もインスパイアされてふくらませていった部分があるんですよ。そういうメッセージこそが、映画やオレたちの楽曲の核になっている部分なんだと思っています」と説明した。

メガホンをとった大谷健太郎監督や他キャストも、この主題歌に大喜び。「この映画のテーマは『勇気』と『希望』。ファンモンが歌わなきゃ何も始まらないでしょう」(大谷監督)、「夢へ向かう人たちの情熱が伝わってくる素敵な曲」(桜庭ななみ)、「この曲を聞きながら私も頑張っていきたい」(桐谷美玲)と絶賛している。

ランウェイ☆ビート」は、2011年3月19日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi