レイチェル・ワイズとダーレン・アロノフスキー監督が破局 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月10日 > レイチェル・ワイズとダーレン・アロノフスキー監督が破局
メニュー

レイチェル・ワイズとダーレン・アロノフスキー監督が破局

2010年11月10日 15:37

9年間の交際の末に破局「ファウンテン 永遠につづく愛」

9年間の交際の末に破局
写真:Retna UK/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英女優レイチェル・ワイズと、婚約者の米映画監督ダーレン・アロノフスキーが、破局したことが明らかになった。両者の代理人が、数カ月前から別居状態にあることを認めた。

ワイズとアロノフスキーは約9年前から交際を始め、2005年に婚約。2人のあいだには4歳になる息子ヘンリーがいる。代理人の声明によれば、「両者は別居後も親しい友人としてニューヨークに居住し、協力して息子を育てることに専心する」という。

なお、今年4月には、アロノフスキー監督・ワイズ主演でジョン・F・ケネディ米元大統領夫人ジャクリーンの伝記映画「ジャッキー(原題)」の製作が報じられていた。2人が組んだ作品には、06年の映画「ファウンテン 永遠につづく愛」がある。

ちなみに一部のゴシップサイトでは、今回の破局の原因に、ワイズがジム・シェリダン監督最新作「ドリーム・ハウス(原題)」で共演したダニエル・クレイグの存在があるのではないかとの噂を報じている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi