堺雅人、仲間由紀恵&松坂慶子の艶やか着物姿に「両手に花」とご満悦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月8日 > 堺雅人、仲間由紀恵&松坂慶子の艶やか着物姿に「両手に花」とご満悦
メニュー

堺雅人、仲間由紀恵&松坂慶子の艶やか着物姿に「両手に花」とご満悦

2010年11月8日 20:04

加賀友禅の美しい着物姿を披露「武士の家計簿」

加賀友禅の美しい着物姿を披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堺雅人の主演最新作「武士の家計簿」の完成披露試写会が11月8日、都内で行われ、堺をはじめ共演の仲間由紀恵松坂慶子中村雅俊西村雅彦大八木凱斗森田芳光監督が舞台挨拶に立った。この日、仲間と松坂は舞台となる石川・金沢の名産、加賀友禅の着物に身を包み登壇。堺は「両手に花とはこのことですね」とご満悦だった。

原作は第2回新潮ドキュメント賞を受賞した磯田道史の歴史教養書「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」。藩の財政悪化で倹約生活を余儀なくされながらも、算用者(現在の会計係)として誠実に生きる武士(堺)と、献身的に家庭を切り盛りする妻(仲間)の姿を描く。

堺は「久々に家族の面々と再会し、1年前の楽しい撮影を懐かしく感じる。幕末の家族の激闘を描いているが、堅苦しくない作品。金沢のすてきな魅力がつまっている」とアピール。「歴史的にも価値が高い、宝物のような一冊」と原作を絶賛し、「資料に書かれていないドラマの部分は、キャストとみんなでつくっていった」と振り返った。

仲間は、「現代にも通じる家族愛を描いた、温かい時間が流れる作品。みんなで目の前の問題に対し、工夫を楽しむ家族の姿に心の豊かさを感じた」。森田監督にとっては「椿三十郎」以来の時代劇となるが、「こんなに豪華なキャストを演出させていただき、我ながらよくやったとびっくりしている」と“自画自賛”し、「監督の仕事はキャストの力を100%発揮できるようにすること。やはり選手(俳優)がしっかりしていないと」と称えた。

なお、当初登壇予定だった草笛光子は体調不良のため欠席した。

武士の家計簿」は、12月4日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi