ケンコバ、初日挨拶でもセクハラ ナベアツ監督はウルウル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月8日 > ケンコバ、初日挨拶でもセクハラ ナベアツ監督はウルウル
メニュー

ケンコバ、初日挨拶でもセクハラ ナベアツ監督はウルウル

2010年11月8日 17:31

柴田監督以外は全員デレデレ「さらば愛しの大統領」

柴田監督以外は全員デレデレ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界のナベアツの初監督作「さらば愛しの大統領」が11月6日、全国121スクリーンで公開され、ナベアツ監督をはじめ主演の宮川大輔、ケンドーコバヤシ、共同でメガホンをとった柴田大輔監督は、東京・新宿バルト9で舞台挨拶に立った。

コバヤシは、登壇早々「エアおっぱい、いただいております」とセクハラモード全開。さらに、大阪での7会場12回にわたる舞台挨拶敢行など、プロモーション活動を精力的にこなした4人をねぎらうため、セクシー衣装に身を包んだ世界各国の美女4人が登場し、キスの“ごほうび”をプレゼント。これに気をよくしたコバヤシは、「スペシャルサービスがあるお店やったんですね」と大喜びだ。

そんななか、複雑な表情の柴田監督は「きょう、家族と義父母が来ているんです……」と苦笑い。それでも、「去年の夏に新宿で脚本づくりからスタートして、1年後にこうしてまた新宿で観客の皆さんにお会いできるのがうれしい。アホ、アホと言っていますが、スタッフ、全キャストが大まじめにやりきった作品」と胸を張った。

ナベアツ監督は、場内のファンから「久しぶりにめっちゃ笑った」など絶賛の呼びかけに「超娯楽作品と呼べるものがないんじゃないかということで、この映画をつくりました。思っていた以上にお客さんが楽しんでくれて……、泣きそうです」とウルウル。そして、「コーラとポップコーンに一番合う映画です。次回作は200%アホな映画を目指します!」とさらなる飛躍を宣言した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi