「マリア様がみてる」主演の波瑠、ほほのこけ加減が見どころ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月8日 > 「マリア様がみてる」主演の波瑠、ほほのこけ加減が見どころ
メニュー

「マリア様がみてる」主演の波瑠、ほほのこけ加減が見どころ

2010年11月8日 13:01

初日を迎え、達成感「マリア様がみてる」

初日を迎え、達成感
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今野緒雪の人気ライトノベルを実写映画化した「マリア様がみてる」の初日舞台挨拶が11月6日、東京・シネマート新宿で行われ、主演の波瑠未来穂香をはじめ総勢10人のキャストが登壇した。

舞台は厳格なカトリック系お嬢さま学校「私立リリアン女学園」。指導者役の上級生が下級生と「スール」(姉妹)と呼ばれる関係を結ぶことが伝統となった同校で、学園のスター的存在の2年生・小笠原祥子(波瑠)と、スールに選ばれた1年生・福沢祐巳(未来)の青春を描く。

主演の波瑠は、累計部数540万部を超える大ベストセラーの映画化に「プレッシャーを感じました。原作ファンの方もたくさんいらっしゃるので、ハードルが高いなと。不安もあったが、皆さんのおかげでやり遂げることができた」と胸中を告白。撮影中は体重が激減したといい「だんだんほほがこけていく祥子が見どころ」と自虐的なコメントも。初の主演作を「キャストも大勢いるので、見れば見るほど発見がある、深い作品」とアピールした。

一方の未来は、今年4月に行われた同作の製作会見で「女優という仕事が大好きになっていたときだったので、運命を感じる」と発言。この日は「あのとき、運命なんて言ってしまって、私もプレッシャーを感じた。でも現場で先輩の方々の演技を見て、勉強させていただいた」と同じく映画初主演となった同作を振り返った。また、「温室でのシーンは、いつもと違う表情をお見せできたと思う。ぜひ注目してください」と見どころのアピールも忘れなかった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi