ドS検事を演じた“家電の女王”片瀬那奈、次なるターゲットは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月5日 > ドS検事を演じた“家電の女王”片瀬那奈、次なるターゲットは?
メニュー

ドS検事を演じた“家電の女王”片瀬那奈、次なるターゲットは?

2010年11月5日 12:54

初の検事役にしてシングルマザー役を熱演「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」

初の検事役にしてシングルマザー役を熱演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 裁判員制度がスタートし、裁判への興味が高まる昨今にぴったりの映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」が、11月6日から公開される。人気お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統が映画初主演を果たす同作で、ヒロインの検事・長谷部真理を演じた女優の片瀬那奈が映画の魅力を語った。

“傍聴ブーム”を巻き起こした北尾トロの同名エッセイをもとに作られた、裁判エンタテインメント。三流ライターのタモツ(設楽)が、裁判映画の脚本を書くために生まれて初めて裁判所に足を踏み入れ、法廷を舞台に繰り広げられるさまざまな人間ドラマを目の当たりにする。

初の検事役に臨んだ片瀬は、「セリフが大変そうだなとは思いましたけど、裁判ってこういうふうに行われているんだ! という発見がありました。難しかったのは、法廷内を歩き回りながら、しかもカメラワークを意識しながら話さなければならなかったこと。何秒でこの位置で止まるとか、タイミングも難しかったですね」と明かす。

役づくりについて、豊島圭介監督が片瀬にリクエストしたのは、ドSであることだった。「監督からは、とにかくドSでやってくれと言われました(笑)。真理(まり)的にはいたって普通なんだけれど、男の人から見るとドSだなって見えるように心掛けたというか……。そういう犯罪(痴漢など)は絶対に許さないぞという気持ちで挑みました。あとはシングルマザー役なので、法廷での振る舞いと息子の前での母親らしさ、そのギャップを意識しましたね」。

また、片瀬は女優でありながらも家電の女王と言われるほど家電製品に詳しく、ガンダムファン、サッカーファン、ご当地キューピー集めが趣味など、興味を持ったことについてはとことん極めたくなる性格だ。「1回はまってしまうと全部見たくなるし、全部集めたくなるタイプ。以前から傍聴には興味はありましたし、人間観察も好きなので、傍聴マニアになる確率は高いですね」と自己分析。そして、「今回検事を演じたことで、ニュースで見聞きする裁判の見方も変わりました」と語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi