フィンランド映画祭、恵比寿で華やかに開幕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月1日 > フィンランド映画祭、恵比寿で華やかに開幕
メニュー

フィンランド映画祭、恵比寿で華やかに開幕

2010年11月1日 19:24

フィンランドの若手監督による7作品を上映「ヤコブへの手紙」

フィンランドの若手監督による7作品を上映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フィンランドの気鋭の若手フィルムメーカーが製作した7作品を上映する「フィンランド映画祭2010」が10月30日、東京・恵比寿ガーデンシネマで開幕し、オープニングセレモニーが行われた。

同セレモニーには、今年7月に開催されたインディアナポリス映画祭で最優秀ワールド・シネマ賞を受賞した「ツイステッド・ルーツ」のサーラ・サーレラ監督や、本年度アカデミー賞外国語映画賞部門にフィンランド代表として「ヤコブへの手紙」(2011年正月第2弾公開)が選出されたクラウス・ハロ監督らが出席。駐日フィンランド大使館のユッカ・パヤリネン書記官とともに、フィンランド映画の魅力を語った。

パヤリネン書記官は、すべて日本語で挨拶し「映画はその国の文化や生活を知るためのものです。映画を通してフィンランドのことをもっと知ってもらえたら」と自国をアピール。また、「80年代後半の3年間、家族と東京で過ごしたので、その東京で上映できるのはとても大きな意味がある」(サーレラ監督)、「愛をテーマにした作品ですが、愛は国籍を問わない大切なテーマ。ぜひ日本の皆さんも楽しんで下さい」(「4月の涙(仮題)」アク・ロウヒミエス監督)とそれぞれがアピールした。

「フィンランド映画祭2010」は、11月5日まで開催中。

関連DVD・ブルーレイ情報

4月の涙[DVD] 4月の涙[DVD]最安値: ¥3,201 こころに剣士を[DVD] こころに剣士を[DVD]最安値: ¥3,036
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi